ソムリエ・ワインディレクター 田邉公一のブログ

ソムリエ・ワインディレクターである田邉公一 自身の仕事への考え方を、日常の中から綴ります。

群馬県の銘酒“水芭蕉”

f:id:koichiduvin:20190818112008j:plain


群馬県 永井酒造「水芭蕉」へ。


美しいテロワール


清流にフルートグラスをかざして、そのお水をいただき、その後、水芭蕉のスパークリングで乾杯。


世界に目を向け、発信されるお姿に大きな刺激をいただきました。


山口県の永山 貴博さんの言葉がまたここで蘇ります。


Think globally,act locally  

世界を見据え、地に根ざし個を磨く」


心からのおもてなしをしてくださった永井社長に感謝。


日本酒を通して、日本にもっともっと目を向けていきたい。

冷やしワイン

f:id:koichiduvin:20190817220308j:plain


「ワイン王国」

8月5日に発売されたばかりの最新号。


今回も取材のご依頼をいただきました。

ここ三年ほどは、毎号に登場させていただいています。


テーマは「冷やしワイン」


今年の三月からワインディレクターを務めさせていただいている表参道のレストラン「エブリシングサラダ」でも、積極的に氷ワインを提案させていただいているので、とてもタイムリーな取材となりました。


ワインの供出温度のスタンダードはあるけれど、それがどのシチュエーションにとっても本当にベストなのか?


僕達は常にそこに疑問符を打ち、その時に最高の飲み方を提案する必要がある。


その飲み物の性格をしっかりと理解した上で、より自由な発想で楽しむことができれば、ワインの世界はもっと楽しくなる。









話す力

f:id:koichiduvin:20190701090021j:plain


良書だと判断したものは何度も何度も…

繰り返し読む。


勉強したことは、自分に染み込むまで繰り返す。


自分がこれまでに築いてきたものにプラスする形で、また新たな考え方がそこに加わる。

受け売りのままの言葉を発しているようではいけない。


人は一気には変わらない。


良い方へも悪い方へも、少しずつ変わっていく、その変化を作るのは環境であり習慣。


良い環境にいることが良い習慣を作る。

逆もまた然り。


私が良い習慣の一つと考えるものに、朝一番の読書がある。


「話す力」


この1年、特に意識してきたテーマ。


昔は、英語やフランス語の勉強にばかり意識をとられてきたけど、

日本人が日本語を美しく話せることがまず大事だと、あらためて考えた。


今、一番勉強しているのは「日本語」


言葉が変われば人生は変わる。


良い方にも、悪い方にも。




f:id:koichiduvin:20190625095933j:plain


最近、「水」にも凝っている。


あらためて思うのは、水ってすごく大事な存在。


水を一日中全く飲まないという人は、きっといないはず。


もともと水は、すごく好きな飲みもので、良質な水を飲むことで、人の身体と精神は、より健全な方へと向かっていくと信じている。


ソムリエは、アルコールだけに意識を置きすぎず、飲み物、食べ物全てを平等に、客観的視点から見て、良いものを選ぶべき。


実は人間が一番体内に取り入れている水という存在。


日常の中で、もっともっと意識してみてもいいのではないだろうか。



ワインを飲食店で飲むか?家で飲むか?

f:id:koichiduvin:20190623002758j:plain


このブログをお読みいただいているあなたなら、この問いに対して、もしかしたら「両方」とお答えになるかもしれない。


テロワール・ド・フランスの「ソムリエセレクション」の人気が、今著しく伸びてきている。


私が思うのは、飲食店だけではなく、自宅でワインを日々飲みたいという方が、以前よりも増えてきたのではないかということ。


あと、これだけ世の中に料理教室が存在する以上、料理がプロ並みに上手な方も、きっと増えてきているだろう。


そして、飲食店同様のクオリティレベルのテイクアウト料理のお店や、ウーバーイーツが流行の最中にある。


例えば、デイリーワインとして、自宅で飲むフルボトルのワイン1本が、仮に2千円だった場合、飲み残すまいと頑張れば飲み過ぎてしまうし、逆に1杯だけ飲みたい時は、ボトルにワインが残ってしまい、結果、ロスと罪悪感も残る。


であれば、1杯飲みきりで、クオリティが高く、品質が安定しているワインを飲む選択をする人は、当然ながらいるのではないだろうか。


そのためには、自宅にワイングラスがあれば、想像以上に贅沢な気分が味わえる。 


贅沢をすることは、人生でとても大切なこと。


贅沢をせずに、ただ一日の終わりを目指す毎日では、あまりにもったいない。


贅沢をすれば、実は自分だけではなく、周りも幸せにできる。




BASE PASTA 〜美味しい完全食で、世界を狙う〜

f:id:koichiduvin:20190621082731j:plain


ワインディレクターを務めさせていただいている、表参道の「エブリシングサラダ」のペアリングコース 後半に登場する「BASE PASTA」


先日、初めてお会いしたBASE FOOD代表の、

橋本さんの熱い想いを直接お伺いし、私もこちらのパスタに合わせるペアリングへのモチベーションが、さらに高まった。


これからの時代に、まさに求められている「美味しさと健康との両立」


トスカーナでの、本場のカルボナーラのお話を熱く語られる橋本さんを前にして、こういう方と一緒に仕事ができることに、大きな喜びを感じた。


BASE PASTAに合わせて、私がセレクトさせていただいたペアリングワインとのマリアージュも、ぜひお楽しみください。


米国でもヒットの兆し! 完全食スタートアップ『BASE FOOD』の戦い方 https://careerhack.en-japan.com/report/detail/1123 @CAREER_HACKより


f:id:koichiduvin:20190621082858j:plain